読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろwebサービス開発日記

Ruby や Rails を中心に、web技術について書いています

ことえりのキーバインド変更はCarbon Emacs使いにとって鬼門かも

mac emacs

普段、矢印キーのないHHK proを使っているので、文節の変更に矢印キーが必要なことえりに不満を持っていました*1。で、ATOKならいいのかなーなどと思い調べていたのですが、その過程で、ことえりの設定窓にある「Windows風の操作」をチェックするとcontrol+kとcontrol+lで文節の変更ができるようになることがわかりました。

設定してみたらとても快適!と思ったら・・・Carbon Emacs上でctrl+SPCが半角スペースに変更されてしまっています。回避法はないものかとググってみたところ、.emacsに下記の設定を追加すればOKだという事がわかりました。

(when (fboundp 'mac-add-ignore-shortcut) (mac-add-ignore-shortcut '(control ? )))

これでいいかと思いきや、今度は全角入力モード時にctrl+yが効かない事に気づきました。ctrl+SPCが使えないほど不便ではないですが、やはり気になります。そこでことえでぃ4というキーバインド変更ツールを使ってみたのですがどうもうまくいきません。うーん困った。ATOKだったらうまくいったりするのでしょうか。

追記

下記のようにctrlを使ったキーバインド全体を無視するようにしたらうまくいったっぽい。これで快適かな。

(when (fboundp 'mac-add-ignore-shortcut) (mac-add-ignore-shortcut '(control)))

さらに追記

WINDOWS風の操作」を選択しなくても

  • ctrl-i、ctrl-oで文節の範囲変更
  • ctrl-f、ctrl-bで変換対象の文節変更

ができることがわかりました。id:zariganitosh++

http://d.hatena.ne.jp/zariganitosh/20081204/1228426193

*1:ctrlキーやoptionキーを使ったキーバインドもあるけど結局ホームポジションから手を離さなきゃいけないので不便