読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろwebサービス開発日記

Ruby や Rails を中心に、web技術について書いています

waffle.io vs Zenhub.io

ひとりプロジェクトのタスクをどのように管理しようかと考えて、waffle.io と Zenhub.io を試してみました。waffle.io と Zenhub.io はどちらも Github issues をバックエンドにして、カンバン方式でタスク管理をできるようにするツールです。タスクについての情報を Github に集約できるのが良い感じ。現時点ではどちらも無料で使えますが、しばらくしたら課金するんじゃないかと思われます。

waffle.io の特徴

  • 専用ビュー
  • ビュー移動せずにコメントつけたりできる

ZenHub.io の特徴

  • chrome extension いれる必要がある
  • Github のプロジェクトに「Board」という項目が増える
    • 「Github の機能を拡張している」感がある
  • Issue にコメントつけたりするときは、通常の Issue のページに遷移する
    • Issue→Board と行き来するような使い方だと、画面遷移にちょっと時間かかる

使った感想

個人的には waffle.io のほうが使い勝手が良さそうに感じました。ただ見た目は Zenhub.io の方が好みです。

Pivotal Tracker

waffle.io も Zenhub.io もポイント見積もったりする項目がないので、チームでベロシティを計測しつつ進めたい場合はやっぱり Pivotal Tracker しか選択肢がないのであった。しかし Pivotal Tracker と Github を併用した場合は、タスクについての情報が分散してつらいことになりがち。Pivotal Tracker を使う場合は、チームとして「何の情報をどちらに書くのか」のポリシーをあらかじめ決めておいたほうが良いですね。具体的に、うちはこんなポリシーにしてうまくいっているよ!という情報あったら教えて欲しいです。