読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもしろwebサービス開発日記

Ruby や Rails を中心に、web技術について書いています

gungiに行ってきました

event

今日は、PASONAさん主催のgungiに行ってきました。


主催、運営された方々すばらしいイベントをありがとうございました。


副題が、「gungiプレゼンツ Webの未来を指し示す技術ベンチャー達 〜収益は後からついてくるよね?。」ということで、ベンチャーの収益面にフューチャーしたイベントでした。

感想

上記パネラーのうち、


の2社さんは(この5社の中では)収益のプライオリティを高くしている会社、他3社は収益に対するプライオリティがそれほど高くない会社という印象を受けました。


いかにして収益をあげるかに対する立ち位置として、「いい物を作ればお金は後からついてくる」と超店舗検索の柴山さんがおっしゃっていて共感したのですが、「webサービスで人が集まっただけではビジネスにならない」とロケットスタートけんすうさんがおっしゃっていてそれにも共感しました。今、BtoCのサービスで単純に広告を貼って儲けるというのはとても難しい状況になっていて、他の方法を模索するべき時期なのかなーと感じます。その辺の、「次世代のwebサービスのお金の稼ぎ方」について踏み込んだ話を期待していたのですが、時間の問題もありそこまで突っ込んだ話が聞けなかったのが残念><

個人的に「いい物を作ればお金は後からついてくる」という言葉を信じたいのですが、いい物を作るまでの期間食いつなぐだけのお金はどうしても必要で、その点で日本の会社はアメリカと比べて不利(VCなどからお金を調達するためには収益予測がどうしても求められる)だなと感じます。日本で投資以外でお金を得ようとしたらどうしても受託は必要で、受託は受託でチャレンジングで面白い仕事だとは思うけれど、自社サービスメインでやっていこうという会社からみたら回り道にしか見えないなーという印象を持っています。


となると「いい物を作り」かつ同時に「収益の上げられるサービス」を最初から念頭においたサービスを考えなければならないのだけれど・・・それも大変だったり。これからのweb会社にはバランスが求められますねー。もっと頑張らないと><