おもしろwebサービス開発日記

Ruby や Rails を中心に、web技術について書いています

Rack::RuntimeがRailsのデフォルトRackミドルウェアから削除された

Rack::RuntimeというRackミドルウェアがあります。これはリクエストを処理するのにかかった時間を"X-Runtime"というレスポンスヘッダに含める、というものです。コードはこれ↓

rack/runtime.rb at master · rack/rack

これはRailsのデフォルトのRackミドルウェアであり、特に何もしない限り有効になっています。

このX-Runtimeが、タイミング攻撃で使われている事例があったとのことで、デフォルトから削除になりました。

Remove Rack::Runtime and deprecate referencing it · rails/rails@7bfcf4b

これにより、明示的にRack::Runtimeをミドルウェアで使う宣言をしない限りはRack::Runtimeは使えなくなります(Rails7.0から)。

実際にはX-Runtimeの値を見なくても、レスポンスが帰ってくる時間を計測すれば(ネットワークを経由することによる多少の誤差はありつつも)タイミング攻撃はできてしまうのでRack::Runtimeの削除の効果は限定的です。しかし普段の開発で使ってないならRails7.0を待たずに削除しておくのがいいんじゃないかな、と個人的には思っています。↓のコードでデフォルトRackミドルウェアから消せるので、消したい方はこれで消してみてください。

# config/application.rb

config.middleware.delete Rack::Runtime